【レビュー】ギルド〈白き盾〉の夜明譚 (MF文庫J)

Pocket

ギルド〈白き盾〉の夜明譚<ギルド〈白き盾〉の夜明譚> (MF文庫J)
著者:方波見咲
絵師:白井秀実

【導入とあらすじ】

 

白き盾01--少年レイ・ブラウンは、傭兵となる為に新大陸へと降り立った。

『新大陸』--二百年前に発見され、旧大陸では既に狩り尽された大型の魔獣や未踏の迷宮等、未だ多数の脅威に晒されている秘境だ。

レイは、セシリアル王国の国立陸軍士官学校を中退し、憧れである『本物の騎士』カール・ヴァイスシルトを目標に掲げ、この地へとやってきたのだ。

二百年前、セシリアル王国近衛騎士のカール・ヴァイスシルトは、発見されたばかりの新大陸で暮らす人々の窮状を知り、身分を捨てて傭兵となった。

私財を投げ打ち、民衆の為に魔獣と戦い続け、彼の地に骨を埋めた、伝説の人物である。

カールは、一族に伝わる『魔眼』の力を持ち、右目を覆う眼帯がトレードマークだったことから、『魔眼の騎士』と呼ばれた。

--期待を胸に、港町へ降り立ったレイだったが、検問所の衛士と揉めている最中、大型の魔獣の襲撃を受けてしまう。

混乱に陥る港町。初めて見た大型の魔獣に戦慄するレイ。

その後、派遣された傭兵達により、あっさりと撃退される様子を見たレイは、その圧倒的な強さに震え、決意を新たにするのだった。

そして、荷物を回収する為に戻った検問所で、一人の少女と出会う。

『ちょうど、あなたのような方を探していたんです。よろしければ私のギルドと契約して頂けませんか?』

士官学校に在籍していた事以外、伝手も何もない自分が勧誘されている事を訝しむレイ。

受け取った名刺には、『傭兵ギルド〈白き盾〉ギルドマスター マリールイズ・ヴァイスシルト』と書かれていた。

--彼のカール・ヴァイスシルトが作ったギルド。その末裔だというのだ。

翌日、訪れた傭兵都市ロックフォートで、偶然再会したマリールイズからの猛プッシュと、自身の勉強不足により、すぐには傭兵になれない事が判明し、なし崩し的に『運営職』として加入する事に・・・。

ギルドマスターのマリールイズとレイが担当する『運営職』は、ギルドの経営が仕事だ。

外回りで依頼を獲得、依頼遂行の為に予算を組み、物資を調達し、身体を張る傭兵のサポートをするというもの。

士官学校時代、商家の生まれで平民出のレイは、騎士階級連中に嫌という程やらされてきた兵站管理。

そんな環境を脱し、傭兵となって力を振るう為にやってきた新大陸で待っていたのは、『望まぬ特技』を生かす仕事だった・・・。

そして、徐々に明らかになるギルドの惨状。

義憤と盲進で発生する赤字を、アルバイト代で埋めていくポンコツギルドマスター。

腕は一流だが、装備品の維持費が高く、浪費癖のある我が儘な三人の傭兵達。

--伝説のギルドは、今や経営破綻寸前・・・。

『ご安心ください! 借金してでも、依頼は達成して見せます!』

新人レイ・ブラウンの戦い(運営職)が始まる!

 

【レビュー】

投稿日現在で、二巻まで刊行されており、間もなく第三巻が発売となります。第十一回MF文庫Jライトノベル新人賞最優秀賞受賞作でデビューとの事。

あらすじから、剣と魔法のファンタジーモノなのにギルド経営のお話というのが気になり買ってみました。イラストも作中のイメージに合っていて素晴らしいと思います。

本作のポイントは、やはりファンタ―ジーモノなのに経営側のお話という所でしょう。

これまで、ギルドの経営側にスポットを当てた作品は少ないと思います。

剣と魔法のファンタジーモノなのに妙に生々しい(笑)

かといって、そこまで堅苦しくはなく、気軽に読み進められるところも好印象でした。

作風としては、軽小説と小説の中間くらいでしょうか。

昨今のライトノベルは、心理描写や背景・設定等を細かに「説明」しつつ展開していくものが多いですが、この作品は細かな心理等は読み手に任せている部分が多い感じがします。

最近のラノベに慣れていた私も、始めは少し違和感がありましたが、敢えて細かく描写せず、読み手の想像を膨らませるという、小説本来の楽しみ方を思い出させて貰った気がします。

「このセリフはどういう気持ちで言ったんだろうか」とか、「きっとこうじゃないか」とか、考えながら読むのも面白いものです。

例えば、一巻の最後のやりとりや、二巻の最後のレイくんの心情等、ファンとしてはもうちょっと掘り下げて読みたい部分も勿論ありますが、映画のエンディングのように「ここで終わっちゃうのかよ!」みたいな切なさと、想像を膨らませつつ余韻を楽しむ感じとのジレンマですね(笑)

主人公のレイくんは、本当は力を振るって救う側に立ちたいものの、残念ながら傭兵になる程の力はありません。

本物の傭兵との圧倒的力の差を思い知らされ、劣等感を感じながらも歯を食いしばり、自らの仕事を全うしようと頑張ります。

「理想と現実」というやつですね・・・。

また、自ら望んだものとは違う適性を持ってしまうその姿は、社会人の哀愁が漂っているかのよう(笑)

一方、もう一人の主人公と言えるマリールイズは、高潔で高い理想とは裏腹に非常に不器用です。

人を惹きつける力と、バイタリティ、情熱は他に類を見ない程。

しかし、理想の為に後先考えずに猛進してしまい、赤字をアルバイト代で賄うという無茶な経営が当たり前になっており、これまで存続していた事が逆に驚きな状況(笑)

これまで、一人で心労を抱え込んでいたマリールイズは、レイという苦労人を手に入れ、赤字経営脱却を目指します。

謎の吸引力を持つマリールイズに捕まったレイくんは、様子を見つつ、徐々に才覚を発揮していく!(たぶん)

理想主義と現実主義の二人で、補完し合い良いコンビになりそうなんですが、やはり心配なのがレイくん。

本来望んでいない才能故に、自己評価も低く、理想はやはり強くなる事。

(本人的には)肝心な時に役に立てていないと思い込んでおり、彼の今後が心配です(笑)

Pocket

【新刊】ありふれた職業で世界最強 4 (オーバーラップ文庫)

Pocket

ありふれた職業で世界最強 4 (オーバーラップ文庫)
著者:白米良
絵師:たかやKi

 

ありふれた4巻遂に第四巻が発売となりました!
ちょっとだけですが、あらすじを紹介です。

新たな出会いと、更なる再会といった感じの今巻。

前巻の予想から、どんな反応を見せるのかと痺れを切らしていた時に、ギリギリ7月刊行分に載った時は嬉しかった(笑)

Web版の完成度は読んでないのでわかりませんが、書籍版の方は相変わらずの安定感で、安心して読めます。

毎巻ある巻末も、より踏み込んでキャラクターの内面が見えて嬉しい仕様ですね。

不穏な空気が漂う終わり方だったので、早くも次巻が待ち遠しくて、悔しい・・・(笑)

【注意】

こちらは、四巻の紹介です。

あらすじ程度に抑えていますが、まだ全く読んでいない方は以下のリンクを参考にしてみて下さいね。

【レビュー】ありふれた職業で世界最強(オーバーラップ文庫)

続きを読む “【新刊】ありふれた職業で世界最強 4 (オーバーラップ文庫)”

Pocket

【レビュー】もじょと極める異世界仰天生活(電撃文庫)

Pocket

もじょと極める異世界仰天生活 ―彼女の作るポーションがいろいろとヤバいんです― (電撃文庫)
著者:黒沼昇
絵師:フルーツパンチ

【導入とあらすじ】

もじょと極める--少年「丘三四郎」は、15歳で短い生涯を終えた。

三四郎の人生は、不運ばかりだった。

「生まれてすぐ、親に捨てられる」「育った児童養護施設はかなり悲惨な所だった」「ジャンケンで全く勝てない」等々、挙げていくときりがない。

だから三四郎は、運に頼らず生き抜く為、実に逞しく努力を重ね、堅実に生きてきたのだ。

しかし、結局は努力の甲斐無く、『晴れ空の下、突然の落雷によって』人生を終えてしまったわけだが・・・。

 

--気が付くと、三四郎は見知らぬ街並みを歩いていた。

そこで、唯一の家族と呼べた、去年老衰で亡くなったはずの野良猫「モンブラン」と再会する。

死後の世界である事に落胆するどころか、喜びのあまりついもふもふしてしまう三四郎。

--この世界は「第二世界(セカンドワールド)」と呼ばれ、天国である「第七世界」まであるといわれているが、それを確かめる術はない。

再会を喜びつつ、アドバイスを貰っていた所で、突如街が騒然となる。

--おぼつかない足取りで歩いてくる少女の名は「小守もじょ」。

もじょは、見た目は十歳前後で、可愛らしい容姿をしていた。

しかし、「大厄災(ディザスター)」という魔法を周囲に常時発動してしまう事で、とある事件が起き、住民から恐れられていた。

続きを読む “【レビュー】もじょと極める異世界仰天生活(電撃文庫)”

Pocket

【レビュー】復活したらLv1だったので、生き延びるために英雄少女を口説くことにしました。(MF文庫J)

Pocket

復活したらLv1だったので、生き延びるために英雄少女を口説くことにしました。 (MF文庫J)
著者:ひびき遊
絵師:ゆらん

【導入とあらすじ】

復活したら01--魔帝ロキは、3度目の死を迎えようとしていた。

配下である強力な魔獣たちが、魔帝城が崩壊していく。

闇の王である魔帝を滅す事が出来るのは、英雄の中でも白い魔力を持つ英雄王のみである。

魔帝ロキは、為す術もなく胸を貫かれ、敗れた。

--何故なら、3代目英雄王は純白の長い髪を持つ、うら若き乙女だったからだ。

『フ……そなた、は、美しいな……』

そして、魔帝はまた、長い長い再生の時を迎えるのだ。

666年後、新たな魔帝城と共に復活する為に。

永い眠りに就く度に、また一つ望みが叶えられる。

--貴方は、何を望み、何を願うのか。

その望みは--

魔帝ロキは、満足し深い眠りへと落ちていく・・・。

 

--不意に、闇と静寂は、赤い魔力と共に切り裂かれた。

石棺は蓋を割られ、光と共に意識が覚醒する。

目が覚めた魔帝ロキを囲むのは、美しい少女が4人。

早くも望みが叶えられた、と歓喜するロキ。

しかし、彼女らは魔帝を滅ぼすためにやってきた『英雄』の末裔だった。

『英雄』--人の身で、生まれながらにして魔力を持ち、強い力を発揮する存在だ。

その中でも、黒い魔力を持つ魔帝に傷をつけられるのは、白い魔力を持つ英雄王ただ一人。

--の、はずだったのだが・・・。

覚醒した魔帝ロキは、不完全な状態で起こされた事で、体が小さく、少年の姿をしていた。

『い、痛い! 痛いぞ!?』

続きを読む “【レビュー】復活したらLv1だったので、生き延びるために英雄少女を口説くことにしました。(MF文庫J)”

Pocket

【レビュー】黒の召喚士(オーバーラップ文庫)

Pocket

黒の召喚士 1 封印されし悪魔 (オーバーラップ文庫)
著者:迷井豆腐
絵師:黒銀

【導入とあらすじ】

黒の召喚士01--男は、見知らぬ森で目を覚ました。

記憶が無く、なぜ此処にいるのか分からず困惑するも、ガイドの存在に気付く。

目の前に浮かぶプレートによると、男の名前はケルヴィン。

年齢は23歳、Lv 1。召喚士らしい。

どうやら、一度人生を早々に終えてしまった事と、本来起こり得ない事故であった事から、特例として転生のチャンスを与えられたようだ。

プレートと、聞こえてくる謎の声に助けられつつ街を目指すケルヴィン。

『謎の声』--この世界を管理し、転生を司る女神メルフィーナは、周期的に現れる魔王を討伐する為に、勇者を召喚して均衡を保っていた。

勇者一行は、既に一年前に召喚されており、ケルヴィンは自由に生きて構わないらしい。

転生の際、記憶を代償に得た希少なスキルと、一目惚れした女神メルフィーナと契約した事により、サポートを得つつ徐々に力を伸ばしていく。

本来あり得ない希少なスキルを持っている事で、面倒事に巻き込まれない様に警戒するケルヴィン。

しかし、初契約となるスライムのクロトを加え、徐々に頭角を現し始めた頃、パーズの街の騒動に巻き込まれ、正体が露見してしまい・・・。

続きを読む “【レビュー】黒の召喚士(オーバーラップ文庫)”

Pocket

【レビュー】ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント(オーバーラップ文庫)

Pocket

ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント 1 (オーバーラップ文庫)
著者:ネコ光一
絵師:Nardack

【導入とあらすじ】

ワールドティーチャー01--ある男の、人生の終わりから物語が始まる。

男は、かつて裏社会で最強と謳われたエージェントだった。

元々戦争孤児で、紛争地帯を飛び回る傭兵である養父に育てられた。養父は愛情表現の出来ない不器用な男で、代わりに厳しい訓練を幼少の頃から受ける事になった。

変わり者の父は訓練に独自の理論を持っており、本人の希望もあった事でメキメキと力をつけていく。

後に、友となる男と出会い、傭兵から対犯罪組織を生業とするエージェントとなる。

男は、それから数十年戦場で生き延び、いつしか最強などと評価されるようになっていたが、かつての養父と同じように幼子を拾った。

娘からの強い希望と、年齢が五十歳を超えていた事もあり、後進の教育の為に引退を決意する。

教育者として、苦労以上に喜びを感じるようになってから十年程経った頃、組織内の陰謀により人生最後の任務に挑む事になった。

元々、死を覚悟していた。任務は果たしたが、帰還が難しい程の重症を負った。死を目前に、立派に育った弟子達を、友に託して男は命を落とした・・・。

--そこから六十過ぎの男は未知の体験をする。

喋れない。よく見えない。誰かいるようだが、何と言っているのか分からない。

老成した男も流石に動揺していたが、時間が経つと状況を把握し愕然とする。体を動かせないのは、どうやら転生して、乳児となっていた為のようだ。前世の記憶を、残したまま・・・。

--男は「シリウス」という名で呼ばれていた。何の因果か、新しい人生でも、父も母もいなかった。

しかし、育ててくれた家は温かかった。男は初めて母の愛を知った。血の繋がりはなくとも、姉を、兄を知った。

続きを読む “【レビュー】ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント(オーバーラップ文庫)”

Pocket

【レビュー】ありふれた職業で世界最強(オーバーラップ文庫)

Pocket

ありふれた職業で世界最強 1 (オーバーラップ文庫)
著者:白米良
絵師:たかやKi

【導入とあらすじ】

ありふれた1巻--南雲ハジメは、どこにでもいるような一般的な高校生だ。

加えていえば、両親の仕事を手伝いながら仕事を覚え、自らの趣味と実益を兼ねた将来設計を見据えている。賢い反面、ある種冷めた学校生活を送る方に分類される。

ハジメは、学校生活で問題を抱えていた。何故か、校内で指折りの美少女でありクラスメイトの白崎香織に、事あるごとに声をかけられる。

近寄りがたい程に熱狂的なファンを持つ香織と、凡庸な上オタクと噂のハジメが仲良くしている事が、奇異の目で見られ、嫌がらせを受けるのは自然な流れだったかもしれない。

ハジメには、そこまで声をかけられるような覚えはなく、香織にも全く悪意が無い為、いかんともしがたい状況。若くして得た、なけなしの処世術を駆使し、出来るだけイジメがエスカレートしないように、どうにか受け流すという日々だったが・・・。

--とある日の昼休み。十秒で終わる昼食を済ませた所を香織に注意される中、教室中を囲む魔法陣が現れる。避難する間もなく光に包まれ、クラスごと見知らぬ世界に飛ばされてしまう。

謎の召喚を受け、勇者一行として厚遇を受けるハジメ達。上位世界よりやってきた為に、この世界に住む人々よりも高い能力を持つとの説明通り、次々と能力の分析結果が出ていく。

クラスメイトだけでなく、たまたまクラスにいた教師までもが強力な潜在能力を示していく中、何故かハジメだけが現地の一般人と同レベル。しかも、特化した分野である職業は「錬成師」。この世界の住人でも、鍛冶職として大成する者の殆どが持つ、ありふれたものだった。

これを切っ掛けに、これまで何とか均衡を保っていたイジメのタガが外れ、訓練と称してエスカレートしていく・・・。

続きを読む “【レビュー】ありふれた職業で世界最強(オーバーラップ文庫)”

Pocket

【レビュー】デボネア・リアル・エステート(GA文庫)

Pocket

デボネア・リアル・エステート 傭兵は剣を抜き、ハイエルフは土地を転がす。 (GA文庫)
著者:山貝エビス
絵師:柴乃櫂人

【導入とあらすじ】

デボネア_リアル_エステート--かつて『双剣の餓狼(ダガーウルフ)』と呼ばれ、知らぬ者のない程に名を馳せた傭兵。青年ルーウィンは、訳あって空腹に耐えかね、職を探していた。

元々戦争孤児で身寄りも無い上、無一文と成り果てた最大の理由によって難航する事になる。なぜなら、彼の見た目は、十歳位の少年にしか見えなかったからだ。

最後に食べたパンは五日程前。空腹に耐えかね、条件の合いそうな求人広告に目を通していると、『下僕募集 年齢性別不問 あご あし まくら 恵んでやる』・・・あまりに酷い内容で、いつから貼り出されていたのか分からないような求人(?)だったが、背に腹は代えられなかった。

そして、不動産屋を営む傲岸不遜でケチなハイエルフの少女(?)デボネアと一見普通の人間と見紛う魔法人形(パペット)のココと出会う。本来は世俗に興味が薄く、欲が無いと言われるハイエルフ。しかし、デボネアは金を稼ぐ事に貪欲で、地上げ屋紛いの仕事ぶりだった。

続きを読む “【レビュー】デボネア・リアル・エステート(GA文庫)”

Pocket

【レビュー】Re:ゼロから始める異世界生活(MF文庫J)

Pocket

Re:ゼロから始める異世界生活 1<Re:ゼロから始める異世界生活> (MF文庫J)
著者:長月達平
絵師:大塚真一郎

【導入とあらすじ】

リゼロ1巻ある日、少年が何の前触れもなく異世界へ放り出される所から物語が始まる。

些細なきっかけで不登校気味からひきこもりへ片足を突っ込んでいた高校生ナツキ・スバル(17歳)は、ふと気が付くと、人と亜人が共存し、剣と魔法のファンタジー風な世界の都市に放り出される。

程よくファンタジーに馴染みのある現代っ子としては嬉しい展開と思いつつも、文字通り「放り出されてしまっている状況」に、途方に暮れるスバル。何の力も無い高校生と、程よく治安の悪い世界。早速、裏路地でチンピラに絡まれ、抵抗するも殺されかけてしまう。その絶望の中で、とある少女との出会いを果たす。

続きを読む “【レビュー】Re:ゼロから始める異世界生活(MF文庫J)”

Pocket

【レビュー】できそこないの魔獣練磨師(富士見ファンタジア文庫)

Pocket

できそこないの魔獣錬磨師 (富士見ファンタジア文庫)
著者:見波 タクミ
絵師:狐印

【導入とあらすじ】

生まれながらにして、全ての人間にモンスターの紋章が授けられる。同時に、与えられた紋章によってパートナーであるモンスターの種族が決まり、将来性や価値が運命付けられてしまう世界。

魔獣練磨士育成学園ベギオム 高等部1年レイン・エルハルトが授かったのは、誰もが認める最弱モンスター「スライム」の紋章だった。スライムの紋章を授かった者は、トレーナーの道を諦めるだけでなく、運命を呪い「落紋」という紋章を破棄するものまでいる。

ベギオムには国内最高峰の有望な生徒が集まっており、天使や悪魔、竜等の紋章を持ち、将来を約束された優等生ばかり。そんな中、日々馬鹿正直に相棒のノーマルスライム「ペムペム」とトレーニングに励むレイン。辛酸を舐めながらも、少しずつ力を付け、一つの光明を見つけるまでに至る。しかし、それは非常にリスクを伴い、特殊な条件下でのみ通用するという不完全ものでしかなかった。

続きを読む “【レビュー】できそこないの魔獣練磨師(富士見ファンタジア文庫)”

Pocket