【レビュー】黒の召喚士(オーバーラップ文庫)

Pocket

黒の召喚士 1 封印されし悪魔 (オーバーラップ文庫)
著者:迷井豆腐
絵師:黒銀

【導入とあらすじ】

黒の召喚士01--男は、見知らぬ森で目を覚ました。

記憶が無く、なぜ此処にいるのか分からず困惑するも、ガイドの存在に気付く。

目の前に浮かぶプレートによると、男の名前はケルヴィン。

年齢は23歳、Lv 1。召喚士らしい。

どうやら、一度人生を早々に終えてしまった事と、本来起こり得ない事故であった事から、特例として転生のチャンスを与えられたようだ。

プレートと、聞こえてくる謎の声に助けられつつ街を目指すケルヴィン。

『謎の声』--この世界を管理し、転生を司る女神メルフィーナは、周期的に現れる魔王を討伐する為に、勇者を召喚して均衡を保っていた。

勇者一行は、既に一年前に召喚されており、ケルヴィンは自由に生きて構わないらしい。

転生の際、記憶を代償に得た希少なスキルと、一目惚れした女神メルフィーナと契約した事により、サポートを得つつ徐々に力を伸ばしていく。

本来あり得ない希少なスキルを持っている事で、面倒事に巻き込まれない様に警戒するケルヴィン。

しかし、初契約となるスライムのクロトを加え、徐々に頭角を現し始めた頃、パーズの街の騒動に巻き込まれ、正体が露見してしまい・・・。

続きを読む “【レビュー】黒の召喚士(オーバーラップ文庫)”

Pocket